ブログ

笑ったときに歯茎が見えるガミスーマイルは歯医者で治せます!

笑顔になった時、必要以上に歯茎が見える状態を『ガミースマイル』と言います。ガミースマイル自体は健康に害を与えるようなものではないものの、笑った時の印象があまり好まれないのも事実です。そのため、コンプレックスを感じてしまう方も多いのではないでしょうか?
本日はそんなガミースマイルを改善するために当院で行なっている治療を紹介いたします。
 

*ガミースマイルとは

 
専門的には笑った時に上顎の歯茎が3mm以上の歯茎が見える状態を指します。
普段は見えない歯茎が笑顔の時に必要以上に見えてしまうことで、思い切り笑えない、写真を見返すのが嫌など口元に自信を持てなくなる場合があります。
 
ガミースマイルは歯の位置に問題がある場合や、噛み合わせの状態、唇の上がり方など原因は様々です。加齢とともに口唇が上がりにくくなることで、自然と気になられなくなる場合もありますが、改善を望む場合には治療をする必要があります。
 

*治療方法

 
ガミースマイルの治療は原因に応じて3パターンに分類されます。
 

①歯茎の切除による治療(レングスニング)

 
歯の形は正常なものの、歯茎に歯が埋まっている場合に歯茎を切除し、歯の露出面を正常な状態にします。その場合、状態によっては歯茎がまた後戻り(また歯茎が覆い被さってくる)する場合があるため、当院では歯の周りの骨の形成も同時に行い、後戻りを最小限にしています。
 

②粘膜切除による治療(リップポジショニング)

 
上唇の筋肉が過剰に唇をめくり上げてしまう場合には、リップポジショニングまたはボトックス注射が適応になります。
上顎の口唇寄りの歯茎を切除し縫合することで、口唇が上がりにくい状態にします。
 

③歯科矯正

 
歯もしくは骨の位置が前すぎる方(出っ歯)、または歯もしくは骨の位置が下すぎている方の場合は歯科矯正治療による改善が必要です。
歯の位置が正常な位置になることで、ガミースマイルも改善されます。
 

*美容外科と歯科医院、どちらですべきなの?

 
歯科医師は普段から歯周病の手術などを行い、歯茎の手術が得意です。
ただ、ガミースマイルの治療は特殊なので歯科医師の中でもできる歯科医師は限られます。
美容外科医の場合は、歯や歯茎の専門家ではなく、歯科医師ほどの知識が無いだけでなく、セラミック治療はできませんし、歯並びはノータッチですので、ガミースマイルの治療は断然歯科医師の方で受けられることをお勧めします。
 

*さいごに

 
ガミースマイルが改善することで、笑顔に自信が持てるようになった!と喜ばれる患者様が沢山いらっしゃいます。
当院では原因を調べるための検査を必ず行い、診断、ご説明ののちに治療に入るので安心して治療を受けられるとお声をいただいています。
 
ガミースマイルについて詳しく知りたいからはコチラもご参照ください。
 

監修者情報

谷口 貴一 本町ノーブル歯科 矯正歯科 院長

2013年に大阪歯科大学を卒業後、兵庫県の医療法人の矯正・小児歯科クリニックと大阪歯科大学口腔インプラント科で臨床研修修了。その後1年間大阪歯科大学口腔インプラント科病院員勤務。翌年、大阪市内の医療法人にて8年間勤務。2022年7月より本町ノーブル歯科 矯正歯科開業。

保有資格
・ 美容師免許
・ 日本顎咬合学会認定医
・ インビザラインドクター

年間130日以上学会やスタディーグループに参加し、現在は若手の歯科医師を自身のスタディーグループで指導。ほとんどの難症例を治療することができます。
院外ではプライベートのSNSで国民に向けて歯に関する情報を発信し続けており、遠方からのご来院もいただいております。

詳しい院長紹介はコチラ

TOP
0665318811
WEB予約
0665318811
WEB予約