神経を残す治療

歯髄温存療法

  • 当院では、歯の歯髄(神経)をなるべく取らずに治療する「歯髄温存治療」を行っております。
    虫歯が歯髄まで進行した場合、通常では歯髄を取り除く処置が必要です。しかし、歯髄には歯に栄養を送り込む役割があるため、取り除くことで歯への栄養の供給が低下し、歯がもろくなってしまいます。
    そのほか、歯髄には食べ物や飲み物の温度を感じるセンサー的な役割や、歯の象牙質の形成、細菌感染による炎症反応に対する免疫機構としての役割もあります。歯髄を温存することで、歯の根の先の病変や歯の破折などのリスクが少なくなります。
  • 歯髄温存療法を行うメリット

    • 神経を取らなくていい

      歯の根の中は大変複雑な形態となっており、なおかつライトの光が届きにくく直接目でみて治療することが困難な場所になります。歯の予後を考えた場合、避けられるのであれば避けたい治療となります。歯髄温存療法を行うことで治療が困難な根管治療を回避できる可能性があります。

    • 健全な組織を温存できる

      根管治療を行うためには、歯の根の方向に器具を到達させるために虫歯に侵されていない健全な歯の部分を仕方なく削ることがあります。
      健全な歯の部分をどれだけ多く保存できるかどうかはその歯の強度に影響してしまいます。歯髄温存療法を行うことで根管治療を回避でき、必要最小限の歯の削除にとどめることが可能となり、治療後の歯の強度に寄与できる可能性があります。

    • 出来る限り歯の寿命を
      延ばすことができる

      神経を取る治療は、神経の他にも歯に栄養を送っている血管も同時にとってしまいます。そのため歯に栄養が行き届かなくなり、経年的に歯が脆くなってしまいます。歯髄温存療法を行うことで治療後の歯の健康に寄与し、歯の寿命をできるだけ延ばすことができます。

当院の歯髄温存療法の特徴

  • マイクロスコープによる
    精密な治療

    肉眼の何十倍にも視野を拡大してくれるため、患部の状態を詳細に把握するのに適しています。歯の治療では、お口の中という狭い空間を観察しなければならないため、肉眼では限界があります。そこで、マイクロスコープを活用することで、虫歯になっている箇所をより詳細に観察できるようにしています。

  • MTAセメントによる保護

    MTAセメントは高い殺菌効果を持つ充填剤で、これを利用すれば、患部を無菌化しながら神経を残した状態の歯に詰め物をすることができます。さらに、歯の再石灰化を促し、歯が持つ再生力を利用して自己修復する効果が期待できます。

    • Merit

      • 水、組織液などで濡れている状態でも硬化する。
      • 強い殺菌作用をもっている。
      • 良質なデンチンブリッジ(保護層)が形成される
    • Demerit

      • 変色する場合があります。
      • 保険適用外のため、自由診療になる。
  • 費用 55,000円(税込)
    治療期間
    治療回数

歯髄温存療法の流れ

  1. Step01

    虫歯の部分を
    レントゲンで確認

    虫歯の部分を診て、どのくらい神経に近づいているのかを確認します。

  2. Step02

    虫歯の除去

    削り過ぎないようにマイクロスコープにて強拡大下にて少しずつ丁寧に虫歯の部分のみを除去していきます。

  3. Step03

    薬剤による消毒・殺菌

    根汚れを完全に取り除いた後、虫歯菌が残らないよう消毒します。

  4. Step04

    露出部分の充填

    露出部分に薬剤を詰め、封鎖します。

  5. Step05

    仮の蓋で閉鎖

    硬さのあるセメントにて虫歯で削ってしまった部分を封鎖します。

  • どうしても治療が怖い方へ

    当院では麻酔の専門医による鎮静下で治療できますので半分眠っている状態で治療ができます。
    カウンセリング時にしっかりお話をさせていただきますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

  • TOP
    0665318811
    WEB予約
    0665318811
    WEB予約