ブログ

インビザライン、サボったらどうなるの?対策は?

こんにちは。本町ノーブル歯科 矯正歯科です。
今回は、インビザラインで矯正しているのにマウスピースを装着し忘れてしまった、サボってしまった。そんな時、どのような影響があるのか?また、どのように対処すれば良いのかをお話しさせていただきたいと思います。
 

*マウスピースを装着し忘れたらどうなるの?

インビザラインでの矯正治療では、1日22時間以上マウスピースを装着し1週間毎に新しいマウスピースに交換していただきます。歯の動きなどを計算し、しっかりと治療計画を立てた上で治療が進んでいくのでマウスピースの装着時間は厳守しなければいけません。しかし、中にはマウスーピースを装着し忘れたという方もいらっしゃると思います。
 

 
1日マウスピースを装着し忘れたのであれば、大きな影響はありません。装着し忘れた時は、直ちに装着して下さい。
 
1週間マウスピースを装着せずに過ごしてしまった場合は、歯が確実に動いてしまっています。治療開始前に緻密な治療計画を立てていますが、マウスピースを装着し忘れたことによって予定していた計画が崩れてしまいます。万一、1週間装着し忘れた場合は、無理に装着せずに歯科医院にご連絡下さい。マウスピースを無理に装着しようとするとお痛みが出ることもあるので注意が必要です。
 

*マウスピース装着し忘れ対策方法

・スマートフォンのアラームやリマインダー、アプリを活用する

インビザライン開始直後は、慣れておらず装着することを忘れてしまうため、習慣化するまでアラームやリマインダーで時間設定し通知がくるようにしたり、アプリで管理すると良いでしょう。

 

TrayMinder インビザラインのトラッカー
 

・1ステージ前後のマウスピースを持ち歩く

外出する際や旅行に行く際は、1ステージ前後のマウスピースを持ち歩くようにすると、装着し忘れた時や紛失した時など緊急時でも対処出来ます。マウスピースは、衝撃などで破損することもあるため、持ち歩く時は、必ずケースに保管しておきましょう。
 

 

・お食事と歯磨きの時間を決めて習慣化しましょう

上記のことが面倒だという方もいらっしゃると思います。そのような方は、出来る限りお食事の時間を決めて歯磨きをしたら装着する習慣をつけましょう。これは、なかなか難しいと思われる方も多いと思いますが、習慣化してしまうと1番簡単な方法です。
 

 

*さいごに

今回は、インビザライン中にマウスピースを装着し忘れたらどうなるのか?また、どのように対策していくのかをお話ししました。インビザラインは、慣れると煩わしさがなく矯正治療を考えられている方が1番手軽に開始できる矯正方法だと思います。当院でもインビザラインをはじめとする矯正治療を行なっております。しっかり検査・ご説明をさせていただき、ご納得いただいた上で治療を進めさせていただきますのでご安心下さい。不安やお悩み、不明点などございましたらいつでもお気軽にお問合せいただけたらと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 

 
WEB予約はコチラ。お電話でのお問い合わせ・ご予約はコチラ
 

監修者情報

谷口 貴一 本町ノーブル歯科 矯正歯科 院長

2013年に大阪歯科大学を卒業後、兵庫県の医療法人の矯正・小児歯科クリニックと大阪歯科大学口腔インプラント科で臨床研修修了。その後1年間大阪歯科大学口腔インプラント科病院員勤務。翌年、大阪市内の医療法人にて8年間勤務。2022年7月より本町ノーブル歯科 矯正歯科開業。

保有資格
・ 美容師免許
・ 日本顎咬合学会認定医
・ インビザラインドクター

年間130日以上学会やスタディーグループに参加し、現在は若手の歯科医師を自身のスタディーグループで指導。ほとんどの難症例を治療することができます。
院外ではプライベートのSNSで国民に向けて歯に関する情報を発信し続けており、遠方からのご来院もいただいております。

詳しい院長紹介はコチラ

TOP
0665318811
WEB予約
0665318811
WEB予約