ブログ

歯医者で行うホワイトニングと セルフホワイトニングの違いってなに?

白い歯には肌を明るく見せる効果があり、清潔感や元気で快活な印象を相手に与えることができるため、おしゃれに敏感な女性だけで無く、男性も身だしなみの一環としてホワイトニングに通う人が増えています。

しかし、安価で購入できるホワイトニング効果を謳った市販品や自分自身で行うセルフホワイトニングと、歯科医院で行うホワイトニングでは何が違うのかご存知ない方も多いのではないでしょうか?

本日は歯医者のホワイトニングとその他のホワイトニングの違いについて解説し、当院のホワイトニング症例もご紹介いたします。

 

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、歯を白くする効果の総称として用いられますが、歯科では歯の外側の着色(ヤニや茶しぶのような着色)ではなく内側の着色(エナメル質の黄ばみや黒ずみ)を漂白し歯のトーンを上げることをいいます。
その場合、歯医者でしか扱えない薬剤を使用します。

セルフホワイトニングとの違いとは

大きな違いは薬剤に『過酸化水素』や『過酸化尿素』が使用できるかどうかです。
これらは医薬品に分類されるため、歯科医師もしくは歯科医師の指導のもと、歯科衛生士が扱えると法律で定められています。
一方、セルフホワイトニングではポリリン酸や重曹、炭酸カルシウムやメタリン酸などを用います。それらの薬品は市販品にも配合されている成分のため、資格者でなくても取り扱いが可能です。
 

歯医者で行うホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

・ 比較的短期間で効果を得られやすい
・ 専門家が施術するのでムラや失敗のリスクが低い
・ 虫歯や歯周病など、歯の健康状態の確認ができる
・ ホワイトニングの効果が出る歯かどうか診断した上で施術を受けられる

デメリット

・ 自費治療のため、セルフホワイトニングに比べ価格が高価な場合が多い
・ 歯の状態によっては治療が優先になる場合がある
・ 知覚過敏になりやすい
 

セルフホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

・ 歯医者で行うホワイトニングに比べ安価であることが多い
・ 手軽に行うことができる
・ 知覚過敏の心配がない

デメリット

・ 着色の原因によっては効果がない場合がある
・ ホワイトニング効果を感じにくい
・ 自分自身で行うため、色ムラや失敗の心配がある
・ 虫歯や歯周病などお口の中の状態がわからない
 

当院でのホワイトニング症例の紹介

 
20代/女性/オフィスホワイトニング3回


[Before]


[After]

歯の色のお悩みであれば是非ご相談ください!

歯が白くなると口元が明るくなり、第一印象もぐっと良くなります。

ホワイトニングをしてみたいと思っていても、費用や期間、求める歯の白さなど、気になる点や不安要素はぜひ専門家にご相談ください。

 

監修者情報

谷口 貴一 本町ノーブル歯科 矯正歯科 院長

2013年に大阪歯科大学を卒業後、兵庫県の医療法人の矯正・小児歯科クリニックと大阪歯科大学口腔インプラント科で臨床研修修了。その後1年間大阪歯科大学口腔インプラント科病院員勤務。翌年、大阪市内の医療法人にて8年間勤務。2022年7月より本町ノーブル歯科 矯正歯科開業。

保有資格
・ 美容師免許
・ 日本顎咬合学会認定医
・ インビザラインドクター

年間130日以上学会やスタディーグループに参加し、現在は若手の歯科医師を自身のスタディーグループで指導。ほとんどの難症例を治療することができます。
院外ではプライベートのSNSで国民に向けて歯に関する情報を発信し続けており、遠方からのご来院もいただいております。

詳しい院長紹介はコチラ

TOP
0665318811
WEB予約
0665318811
WEB予約