ブログ

しゃくれ・受け口(下顎前突・反対咬合)について

こんにちは。本町ノーブル歯科 矯正歯科です。

本日大人の不正咬合、しゃくれ・受け口(下顎前突・反対咬合)について解説します。
 

 

*しゃくれ・受け口(下顎前突・反対咬合)とは?

しゃくれ・受け口とは上下の噛み合わせが通常の反対になっていることをいい、見た目でいうと下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせを言います。
 

*しゃくれ・受け口(下顎前突・反対咬合)の原因とは?

 

① 骨格的な遺伝によるもの

親族にしゃくれ、受け口の方がいらっしゃる場合、骨格の遺伝からしゃくれ・受け口になりやすい傾向があります。
 

② 前歯の向きが内側に向いて生えてしまい、下の前歯が外向きに生えてしまう

指しゃぶりなどの習癖がある場合に、下の前歯が外向きに生えてしまう場合があります。
習癖を早期に改善することで、不正咬合を予防することができる場合があります。
 

③ 顎の成長期に口呼吸を続けている

正常な呼吸は鼻で行うため、舌の位置は上顎についていることで顎の発育が正常に行われます。しかし、口呼吸が続くと舌が下顎についた状態になるため、力のバランスでしゃくれになりやすいです。
 

*しゃくれ・受け口(下顎前突・反対咬合)のリスク

 

① 見た目に対しコンプレックスを持ちやすい

受け口は見た目のコンプレックスになりやすく、人前で笑顔になることに抵抗を感じてしまうなど日常生活の中でもストレスを感じやすいです。
 

② 噛み合わせ不良

顎や歯並びがずれていることで、咀嚼が上手く行えず、唾液の分泌や脳の発育にも影響を与えてしまいます。
また、噛み合わせ不良が影響して胃腸に負担をかけるため内臓への負担も大きいです。
 

③ 顎関節症

噛み合わせが悪いことで顎に負担がかかり、顎関節症を発症してしまう場合があります。
 

*しゃくれ・受け口(下顎前突・反対咬合)の治療法

しゃくれや受け口の場合、治療に介入するタイミングで治療法が異なります。
これは、噛み合わせだけでなく骨格まで治す必要が出てくるからです。
 

小児の場合

取り外し式または固定式の装置を使い、上の前歯を前に押し出して反対咬合を改善します。
骨格的な成長のアンバランスがある場合は、下顎の成長を抑える装着や上顎の前方成長を誘導する装置を使用し、上下顎の成長バランスを整えながら咬み合わせを改善していきます。
 

成人の場合

上顎歯列を前に、下顎歯列を後ろに移動させる矯正治療が必要であり、場合によっては抜歯が必要なケースもあります。
矯正治療だけでは改善が難しい場合や、骨格的な問題がある場合は「下顎骨切り術(セットバック法)」という外科治療が必要になる場合があります。
 

*さいごに

しゃくれ・受け口(下顎前突・反対咬合)の原因は先天的(遺伝)な要素や後天的(習癖)な要素があるため、噛み合わせがおかしいなと思った場合には早期治療が大切なポイントです。
 
当院では矯正の無料相談を行なっています。
噛み合わせに不安がある方、矯正治療に関するご不明点があるなどお気軽にご相談ください。
 

 
WEBからのご予約はコチラ
お電話でのお問い合わせ・ご予約はコチラ
 

監修者情報

谷口 貴一 本町ノーブル歯科 矯正歯科 院長

2013年に大阪歯科大学を卒業後、兵庫県の医療法人の矯正・小児歯科クリニックと大阪歯科大学口腔インプラント科で臨床研修修了。その後1年間大阪歯科大学口腔インプラント科病院員勤務。翌年、大阪市内の医療法人にて8年間勤務。2022年7月より本町ノーブル歯科 矯正歯科開業。

保有資格
・ 美容師免許
・ 日本顎咬合学会認定医
・ インビザラインドクター

年間130日以上学会やスタディーグループに参加し、現在は若手の歯科医師を自身のスタディーグループで指導。ほとんどの難症例を治療することができます。
院外ではプライベートのSNSで国民に向けて歯に関する情報を発信し続けており、遠方からのご来院もいただいております。

詳しい院長紹介はコチラ

TOP
0665318811
WEB予約
0665318811
WEB予約