ブログ

インビザライン中に感じるストレスの原因と対処法について

こんにちは。
本町ノーブル歯科 矯正歯科です。

インビザラインは見た目が気になりにくく、痛みの少ない矯正治療と言われますが治療中にかかるストレスはないか気になる方も多いのではないでしょうか?
ストレスの感じ方には個人差があるため、本日はインビザライン矯正中に感じる代表的なストレスとその対処法をお伝えします。
 

*インビザライン中のストレスの原因とその対処法

代表的なストレスの原因を挙げると

・ 食事中硬いものを噛むのが痛い
・ アライナーの着脱が面倒
・ 間食を気軽にとれない
・ 滑舌が悪くなる
・ 口内炎ができる

などがあります。
 

食事中に固いものを噛むのが痛い

インビザラインに限らず、矯正中は歯を動かしているため噛むときの力が加わると痛みが出やすいです。
特にアライナーを交換したばかりのタイミングでは、負荷が強くかかるため痛みも出やすいため、慣れるまでは柔らかいものを選びましょう。
 

アライナーの着脱が面倒

アライナーの着脱ができることで食事の制限は無いものの、慣れるまでは着脱が面倒に感じられるかもしれません。徐々に慣れることでスムーズに着脱できるようになります。
また専用のアライナーリムーバーを使用すると、取り外しがスムーズに行えます。
 

間食を気軽にとれない

間食を普段からされる方は、間食の度にアライナーを外し、歯磨きをしてからの装着が面倒に感じられるようです。
その手間を考えると自然と間食の回数が減る方も多く見られるので、自然とダイエットにつながるかもしれません。
 

滑舌が悪くなる

インビザライン矯正のアライナーはとても薄く歯にフィットする素材です。
しかし、最初慣れるまでの間は装着時の違和感からどうしてもアライナーに舌が接触してしまいます。そのため、発声時にも舌が接触すると滑舌が悪くなった感覚に陥りやすいです。
 
対処法として、アライナーを密着させるためのチューイーを使用することで改善されるケースがあります。
 

痛みが強い

インビザライン矯正に限らず、歯を動かす矯正治療では痛みを伴いやすいです。しかしインビザライン矯正では1回のマウスピースで動かす歯の距離は約0.25mmのため、比較的痛みが出にくいとされています。
通常2〜3日で落ち着きますが、痛みが続く場合には痛み止めの服用や、4日以上大きな痛みが続く場合には担当医へご相談ください。
 

*さいごに

インビザラインは食事に制限がなく、ホームケアも行いやすい矯正治療ですが、慣れるまでは痛みや着脱に伴うわずらわしさが出てしまうようです。
しかし、徐々に慣れることで緩和されるストレスがほとんどです。また、歯が動く様子が見えると痛みも頑張るモチベーションに繋がります。
しかし、インビザライン矯正中の不安や心配事がありましたらお気軽にご相談ください。
 
ウェブでの予約はコチラから。
お電話でのお問い合わせはコチラから。
 

監修者情報

谷口 貴一 本町ノーブル歯科 矯正歯科 院長

2013年に大阪歯科大学を卒業後、兵庫県の医療法人の矯正・小児歯科クリニックと大阪歯科大学口腔インプラント科で臨床研修修了。その後1年間大阪歯科大学口腔インプラント科病院員勤務。翌年、大阪市内の医療法人にて8年間勤務。2022年7月より本町ノーブル歯科 矯正歯科開業。

保有資格
・ 美容師免許
・ 日本顎咬合学会認定医
・ インビザラインドクター

年間130日以上学会やスタディーグループに参加し、現在は若手の歯科医師を自身のスタディーグループで指導。ほとんどの難症例を治療することができます。
院外ではプライベートのSNSで国民に向けて歯に関する情報を発信し続けており、遠方からのご来院もいただいております。

詳しい院長紹介はコチラ

TOP
0665318811
WEB予約
0665318811
WEB予約