ブログ

ホワイトスポット、削らず治せるって知ってますか?

こんにちは。本町ノーブル歯科 矯正歯科です。
今回は、ホワイトスポットを削らず治療できる方法をお話ししたいと思います。
 

*ホワイトスポットとは?原因は何?

ホワイトスポットとは、歯の表面にみられる白い斑点(白濁)です。
 

 
これは、歯の表面のエナメル質からミネラルが抜けている(脱灰)状態です。
 
原因は、様々ですが遺伝・幼少期の栄養不足・幼少期に外傷を受けた・フッ素症・初期むし歯などが考えられます。
 

*削らないホワイトスッポット治療

従来の治療方法では、白くなったホワイトスポットの部分を削り、プラスチックの材料で詰めたり、セラミックを被せたり、フッ素配合の歯磨き粉を使用したりなどの方法でした。しかし、近年では削らなくてもホワイトスポットを治すことが出来る治療方法があります。それは、Icon(アイコン)というドイツのDMG社が開発した低粘度で浸潤性を持つ光重合型レジン材で、厚生労働省の認可も受けた安全性の高い予防充填材料です。
 

 
Icon(アイコン)を使用することで、歯を削ることなくホワイトスポットを改善することが出来ます。また、エナメル質からミネラルが溶け出すのを防ぎ、ホワイトスポットの早期改善・再発防止を促します。
 

*Icon(アイコン)の適応症

・生まれつき前歯に白斑がある方
・矯正治療が終了後、装置を外したら歯に白斑が出来ていた方
・ホワイトニング後、ホワイトスポットが目立つようになった方
・初期むし歯により歯が白濁している方
 

*Icon(アイコン)で治療する際の注意事項

・C2以上のむし歯は適応外(エナメル質に限局したC1までが適応症。C2まで進行すると象牙質に限局することになるので適応外となる。)
・数年経過すると変色するリスクがある
・処置時に使用する薬剤により、歯茎が損傷する場合がある
・ホワイトニングを希望する場合は、ホワイトニング終了後にIcon(アイコン)で治療した方が良い(アイコンで施術してからホワイトニングをしてもホワイトスポットの部位はトーンアップしない)
・完治が困難なケースもある
 

*さいごに

今回は、ホワイトスポットの治療で近年用いられている、Icon(アイコン)という薬剤についてお話ししました。前歯のホワイトスポットは、思った以上に目立ち、「何か分からないけど、前から気になっていた。」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?削って治療しなければならないとなると、少し抵抗があるかも知れませんが、削らずに治療ができると負担も少なく安心ですよね。当院でも、Icon(アイコン)を使用し、削らずにホワイトスポットを治療させていただいております。お悩みやご不明点などございましたら、まずはお気軽にご相談ください。
 

 
WEB予約はコチラ。 お電話でのお問い合わせ・ご予約はコチラ
 

監修者情報

谷口 貴一 本町ノーブル歯科 矯正歯科 院長

2013年に大阪歯科大学を卒業後、兵庫県の医療法人の矯正・小児歯科クリニックと大阪歯科大学口腔インプラント科で臨床研修修了。その後1年間大阪歯科大学口腔インプラント科病院員勤務。翌年、大阪市内の医療法人にて8年間勤務。2022年7月より本町ノーブル歯科 矯正歯科開業。

保有資格
・ 美容師免許
・ 日本顎咬合学会認定医
・ インビザラインドクター

年間130日以上学会やスタディーグループに参加し、現在は若手の歯科医師を自身のスタディーグループで指導。ほとんどの難症例を治療することができます。
院外ではプライベートのSNSで国民に向けて歯に関する情報を発信し続けており、遠方からのご来院もいただいております。

詳しい院長紹介はコチラ

TOP
0665318811
WEB予約
0665318811
WEB予約