ブログ

補助的清掃用具の種類と重要性について。

こんにちは。本町ノーブル歯科 矯正歯科です。
今回は、お口のケアでとても重要な役割をする補助的清掃用具についてお話しさせていただきます。
  

*補助的清掃用具とは?役割は?

補助的清掃用具とは、どのようなものかご存知でしょうか?補助的清掃用具とは、歯ブラシで落としきれない汚れを落としてくれるお口のケアグッズです。歯科医院で進められたり、使用頻度を聞かれたりしたことはありませんか?では、なぜ歯科医院で補助的清掃用具をおすすめされるのか?
  
実は、歯ブラシで歯磨きをしても実際、お口の全体の約6割程度しか歯垢は除去出来ていません。そのため、歯ブラシのみのケアでは限界があります。尚且つ、歯並びのせいでむし歯や歯周病のリスクが高い方であったり、被せ物が多い方になると技術的な面だけでなく口腔内の宿主的な面で清掃効率が低下してしまします。
  
歯ブラシでのケアにプラスし、口腔内の状態にあった補助的清掃用具を使用しすることで、約6割であった歯垢除去率が約9割まで上がると言われています。これは、歯ブラシではなかなか届きにくい、奥歯や親知らず、歯と歯の間などの清掃部位に特化した清掃用具を選択するからだと言えます。口腔内にあったケアグッズを選択するだけで大きな役割を果たすということですね。歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が補助的清掃用具を使用するようすすめるのには理由があるということです。
  

*補助的清掃用具。どんな物があるの?

・デンタルフロス

デンタルフロスは歯と歯の間の汚れを除去するケアグッズです。糸状になっており、歯間部に挿入し、歯面に沿わせ操作することで汚れを絡めとります。慣れるまでは難しいかもしれませんが、慣れるとスッキリ感が感じられ、デンタルフロスを使わないと気持ちが悪く感じる程です。
 
当院で使用しているデンタルフロスは、こちらのフロアフロスです。
 

 
フロアフロスは、384本の繊維で出来ており、フワッと広がるので歯肉を傷つけることなく使用することができる出来ます。隣接面だけでなく、歯茎の下のプラークも除去することが出来ます。
 

  

・歯間ブラシ

歯間ブラシは、主に歯と歯の間に空隙がある方に使用していただきます。歯間ブラシの特徴としては、デンタルフロスでは、通すことの出来ない連結の被せ物の周囲にも使用でき、デンタルフロスに比べると手技が簡単です。ただ、歯と歯の空隙があまりない方が無理に使用すると歯茎を傷つける恐れもあるので注意が必要です。
 
当院では、クラプロックスの歯間ブラシを取り扱っております。
 

 
クラプロックスの歯間ブラシは、スイス生まれの歯間ブラシでデザイン性に長けています。カラフルな歯間ブラシは可愛くて使うのが楽しみになりますよね。
 

 
極細サイズは今までデンタルフロスしか通らなかった方でも使用できます。歯間ブラシの適正サイズは、専用の器具を使用して計測させていただきます。
 
 
 

・タフトブラシ

タフトブラシは、1歯ずつ磨いていただくタイプのコンパクトな歯ブラシです。ドラックストアや歯科医院で見たことがあるという方も多いのではないでしょうか?タフトブラシは奥歯の磨きずらい部位や前歯の重なり合った歯に適しております。また、被せ物のキワの部分は歯垢がどうしても溜まりやすいのでタフトブラシでポイント磨きをしていただくとても綺麗になります。その他にも、歯茎に埋まっている・少し頭を出した親知らずとそのひとつ手前の歯の境目の歯茎は、食べカスなどが詰まり炎症が起きやすいです。しかし、殺菌作用のデンタルリンスとタフトブラシを使用しケアしてあげるとケースにはよりますが炎症が緩和され、お痛みが軽減します。とても万能ですので是非使ってみてください。
 
 
 

・舌ブラシ

舌ブラシは、口臭予防としてよく用いられます。舌ブラシを使用することによって、口臭を予防するだけでなく、お口の中の細菌を減らします。舌のケアは、あまりされている方は多くないかもしれませんが、とても簡単なので普段のケアに取り入れてみても良いかもしれません。
 
 
 
上記の補助的清掃用具は一例であり、その他にも洗口液やデンタルリンス、ブリッジの基底面を清掃するスーパーフロスなど様々な種類があります。忙しい日常の中にケア用品がひとつ加わると面倒だと感じるか方もいらっしゃるかもしれませんが、使いやすいように各メーカーさんがデザインや香料なども工夫されているので、楽しみながら継続的に使いやすいお気に入りの製品を選んでみて下さい。
  

*さいごに

今回は、補助的清掃用具の種類と役割についてお話ししました。歯茎の上のケアはご自宅でのセルフケア。歯茎の下のケアは歯科医院でのプロフェッショナルケアを基本にお口の健康、そして全身の健康を守りましょう。
 

  
当院でも、お口の中の環境を整えてから治療を行うことで治癒の促進や再発の予防に努めております。そのため、定期的な検診やクリーニングをおすすめさせていただいております。その際に、普段のケアやお口の中の症状で疑問に思ったこと、お困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。
  
WEBからのご予約はコチラ。お電話でのお問い合わせ・ご予約はコチラ

監修者情報

谷口 貴一 本町ノーブル歯科 矯正歯科 院長

2013年に大阪歯科大学を卒業後、兵庫県の医療法人の矯正・小児歯科クリニックと大阪歯科大学口腔インプラント科で臨床研修修了。その後1年間大阪歯科大学口腔インプラント科病院員勤務。翌年、大阪市内の医療法人にて8年間勤務。2022年7月より本町ノーブル歯科 矯正歯科開業。

保有資格
・ 美容師免許
・ 日本顎咬合学会認定医
・ インビザラインドクター

年間130日以上学会やスタディーグループに参加し、現在は若手の歯科医師を自身のスタディーグループで指導。ほとんどの難症例を治療することができます。
院外ではプライベートのSNSで国民に向けて歯に関する情報を発信し続けており、遠方からのご来院もいただいております。

詳しい院長紹介はコチラ

TOP
0665318811
WEB予約
0665318811
WEB予約