ブログ

前歯のガタガタやすきっ歯、矯正治療後の後戻りにインビザライン・ライト!

こんにちは。本町ノーブル歯科 矯正歯科です。
今回は、インビザライン・ライトについてお話しさせていただきます。矯正治療をご検討の方、矯正治療を一度行ったが、後戻りしてしまい再治療をご検討の方。是非、最後までお読み下さい。
 

*インビザライン・ライトとは

インビザライン・ライトは、軽度の歯列不正や矯正治療後の後戻りに対して有効です。全体的な矯正治療ではなく、部分的な矯正治療をご検討の方にピッタリな矯正方法といえます。
Ex).前歯のガタガタ・すきっ歯など(前歯の部分矯正)
 

前歯のガタガタ
 

すきっ歯
 

*インビザライン・ライトのメリット

・部分的な矯正治療に適している

動かす範囲が少ない部分的な矯正に適しています。
 

・軽度の歯列不正に適している

前歯のガタガタやすきっ歯などの部分的な治療に適しています。
 

・矯正治療後の後戻り治療に適している

矯正治療は終了したが、リテーナー(保定装置)を使用し忘れて後戻りしてしまった場合の再治療に適しています。
 

・治療期間が比較的短い

軽度の症例の場合、動かす範囲も少ない分、全顎的な治療に比べると治療期間を縮小することが出来ます。
 

 

・全顎的な矯正治療に比べて費用の負担が少ない

マウスピースの枚数などに制限がある分、費用も抑えることができます。
 

・通常のインビザラインと同様、マウスピース矯正のため目立たず、痛みも少ない

マウスピース矯正のため目立たず、痛みも少なくてすみます。また、取り外しも出来るため、衛生的に管理することが出来ます。
 

 

*インビザライン・ライトのデメリット

・適応外の症例があり、限定的である

咬み合わせ等も考慮した全顎的なインビザラインと違い、軽度の歯列不正程度の適応となります。
 

・マウスピースの数に制限がある

費用や治療期間を抑えて軽度の症例を改善するため、マウスピースの数に制限が設けられます。
 

・修正回数も制限がある

マウスピースをの数に制限があるように修正回数にも制限あります。理由は枚数制限と同様です。
 

*さいごに

今回は、インビザライン・ライトについてお話しさせていただきました。インビザライン・ライトは、通常行う全顎的なインビザラインに比べると、軽度の歯列不正や矯正治療後の後戻り治療への適応と症例が限られますが、費用も抑えることができ有効な治療方法です。当院でも、インビザラインでの矯正治療を行なっており、もちろんインビザライン・ライトの治療もお受けていただくことが出来ます。ご自身にどんな治療方法があっているか分からない、口元に自信を持ちたいなどお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。
 

 
WEB予約はコチラ。お電話でのお問い合わせ・ご予約はコチラ
 
 

監修者情報

谷口 貴一 本町ノーブル歯科 矯正歯科 院長

2013年に大阪歯科大学を卒業後、兵庫県の医療法人の矯正・小児歯科クリニックと大阪歯科大学口腔インプラント科で臨床研修修了。その後1年間大阪歯科大学口腔インプラント科病院員勤務。翌年、大阪市内の医療法人にて8年間勤務。2022年7月より本町ノーブル歯科 矯正歯科開業。

保有資格
・ 美容師免許
・ 日本顎咬合学会認定医
・ インビザラインドクター

年間130日以上学会やスタディーグループに参加し、現在は若手の歯科医師を自身のスタディーグループで指導。ほとんどの難症例を治療することができます。
院外ではプライベートのSNSで国民に向けて歯に関する情報を発信し続けており、遠方からのご来院もいただいております。

詳しい院長紹介はコチラ

TOP
0665318811
WEB予約
0665318811
WEB予約