ブログ

インビザラインの装着時間は何時間?

こんにちは。本町ノーブル歯科 矯正歯科です。
今回は、インビザラインのマウスピースをどれくらいの時間装着しなければならないのか?また、装着時間を守らなかった場合のリスクについてお話しさせていただきます。ぜひ、最後まで読んでいただけると嬉しいです。
 

*インビザラインの装着時間は?

インビザラインのマウスピースは、原則22時間以上装着する必要があります。そのため、歯を磨く時やお食事の時以外はマウスピースを装着した状態となります。お食事もダラダラと食べるのではなく時間を決められた方が良いでしょう。また、お口のケアをするところまでで1日合計2時間程度におさめなければなりません。
 

 
また、間食等をしてしまうと、その都度ケアを行わなければいけないため、むやみに間食をしてしまうと衛生的な管理がなかなか難しくなります。お食事をとると歯ブラシでは取りきれない歯と歯の間にも汚れが付着します。そのままマウスピースを装着することでパック状態となるため、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスでのケアも大切になります。外食の際は、ケアできる状況にないこともあると思いますので、間食・頻食には注意しましょう。
 

 

*装着時間を守らなかった場合のリスク

装着時間を守ることが出来なかった場合、

・矯正治療の計画が崩れる

治療開始前に緻密な治療計画を立てているのにも関わらず、装着時間を守らなかった場合、治療計画の意味がなくなります。
 

・歯が予定通り動かない

患者様一人ひとりのお口に合わせた治療計画を立てた上で、マウスピースが設計され、アタッチメントを付与し、マウスピースを交換することで治療が進みます。しかし、マウスピースを装着しいないとなるといつまで経っても歯は動きません。
 

・後戻りする可能性がある

マウスピースを途中で装着しなくなった場合、今まで動かしてきた歯列は水の泡となります。それどころか、歯が元の位置に戻ろうと自ら動き出してしまいます。
 

・お口の型を採り直しになる

当初の治療計画とズレが生じてしまうため、再度型採りをしマウスピースのオーダーをかける必要があります。
 

・治療計画の立て直し

歯並びが矯正開始前と変化しているため、再度治療計画も立て直す必要があります。
 

・治療期間が延長する

マウスピースの装着を怠ったことで、一から治療を開始しなければなりません。そのため、治療期間の延長が考えられます。
 

・追加費用がかかる(各歯科医院の料金システムによる)

歯科医院により料金システムや契約内容は様々ですが、追加費用がかかる場合があります。
 
このように様々なリスクがあげられます。マウスピースの煩わしさや治療期間、費用のご負担などどの角度から考えてもスムーズに治療を進められることが1番です。
 

*さいごに

今回は、インビザラインのマウスピース装着時間についてお話しさせていただきました。装着時間を守ることは、習慣化されるまでなかなか難しいのかもしれません。しかし、装着時間を守り、お口のケアさえしっかりと行うことができれば、とてもお手軽な矯正治療といえます。
 
当院でも、インビザラインによる矯正治療を行なっております。歯並びや噛み合わせのお悩みがある方、インビザラインの治療方法についてより詳しく知りたい方、お気軽にお問い合わせください。
 

 
WEB予約はコチラ。お電話でのお問い合わせ・ご予約はコチラ
 
 

監修者情報

谷口 貴一 本町ノーブル歯科 矯正歯科 院長

2013年に大阪歯科大学を卒業後、兵庫県の医療法人の矯正・小児歯科クリニックと大阪歯科大学口腔インプラント科で臨床研修修了。その後1年間大阪歯科大学口腔インプラント科病院員勤務。翌年、大阪市内の医療法人にて8年間勤務。2022年7月より本町ノーブル歯科 矯正歯科開業。

保有資格
・ 美容師免許
・ 日本顎咬合学会認定医
・ インビザラインドクター

年間130日以上学会やスタディーグループに参加し、現在は若手の歯科医師を自身のスタディーグループで指導。ほとんどの難症例を治療することができます。
院外ではプライベートのSNSで国民に向けて歯に関する情報を発信し続けており、遠方からのご来院もいただいております。

詳しい院長紹介はコチラ

TOP
0665318811
WEB予約
0665318811
WEB予約